屋根修理工事

ホーム工事内容屋根修理工事

屋根工事について

屋根は常に強い紫外線や雨風に晒されています。そんな過酷な環境でのトラブルを防ぐため、定期的にきちんと屋根のケアを行うことが大切にな ります。
とはいえ、お客様ご自身で状態を把握し適切に対処するのは難しいかと思います。そんなとき、ぜひプロの屋根やさんを頼ってみて下さい。

嶋野板金では、屋根はもちろん雨樋も含めた定期点検・診断を行っております。
万が一問題が見つかった場合にも、できる限りお客様のご不安を解消できるようご対応させて頂きます

このような被害が出る前に

専門家による診断・修理で暮らしに安心を

  • 雨漏り修理を依頼したら屋根材の腐食が判明し、想定以上の出費になった
  • 台風で飛んだ屋根部品が飛び、よその外壁を壊してしまった
  • 以前依頼した雨漏り処置が不十分だった(業者選びに失敗した)

嶋野板金株式会社は経験を積んだ屋根の専門業者です。屋根のトラブルは、トラブル原因を突き止めなければ根本的な解決に至る処置ができません。
屋根構造だけでなく、材質の特性や環境の影響など幅広い知識経験があるからこそできる、安心の屋根リフォームを提供致します。

金属

金属屋根に関して、色あせ程度では問題ないと考える方も多いかと思います。しかし屋根材を保護する塗装膜はとても大切で、それが剥がれて色褪せると次第に錆が広がり傷つきやすくなり、その傷から雨漏りが始まっていきます。
早期であれば塗り替えなどで対応できますが、場合によっては交換や重ね葺き工事がどうしても必要になり、思いがけない出費になってしまいます。

コロニアル(スレート)

軽くて安価という特徴から、一般住宅の屋根に広く使われています。
塗装膜が防水の役割を担っています。塗装が剥がれるとすぐにコケが生えてくるほど撥水性が低いので、7年~10年に一度は屋根診断を受けて状態を確認し、適宜対応しましょう。

意外かもしれませんが、瓦は西洋問わず世界中で古くから使われている素材です。その事からも分かるように性能は高く、比較的気を遣わなくてもよい素材です。
しかし、地震や台風にはめっぽう弱く、災害でできた小さなズレから雨漏りしてしまった…というケースは少なくありません。

折板

「トタン」と言ったほうが聞き馴染みがあるかもしれません。工場などの建物で使われるイメージが強いですが、車庫や倉庫など住宅の一部設備に使われている場合もあり、案外身近な素材です。
嶋野板金では長尺の折板屋根にも対応しています。

屋根リフォームのポイント

  • 築10年以上
  • 雨音が気になる
  • 屋根の色褪せ
  • 瓦の一部のズレ、割れ
  • 天井や壁に原因不明のシミ
  • 雨樋からの水溢れ
  • 雨漏り
  • 冷暖房の利きが悪い

屋根の事は屋根の専門家へお任せください

嶋野板金株式会社はこれまで建物の大小を問わず、様々なケースの屋根工事に携わってきました。
これまでの施工経験を活かすだけでなく、最新の情報をキャッチし続けることで質の高い屋根工事を行っています。
なるべく長い間お客様が安心して暮らしていけるよう、工事後の屋根のお手入れに関するアドバイスなども含めたサービスをご提供致します。

例えば、雨漏りを放っておくと…

雨漏りに気付かずにいた、もしくは被害が小さいので放置していると、本来水の影響を想定していない箇所にどんどん水が侵入することになります。屋根裏や天井裏の湿度が高くなり、カビや腐敗が進んでいきます。もっと酷くなると家の中までカビが繁殖し、健康被害にも繋がりかねません。
また、そうなった場合の修繕費用は、雨漏り初期の段階での修繕費用とは比べ物になりません。雨漏りは決して軽視せず、できる限りお早めの工事をご検討下さい。

見積り無料の安心価格と定期健診

嶋野板金では柏市・松戸市を中心とした地域の皆様のご愛顧を頂きながら、地域に根ざした屋根やさんとして工事をご提供しております。屋根に関する知識はもちろん、地域の特性を考慮した的確なアドバイスをすることができます。
屋根のことでお困りの方は、お気軽にご相談下さい。

屋根リフォームで失敗しない!屋根の専門家からのアドバイス!

リフォームでよく起こるトラブルを回避するための注意点がいくつかあります。
例え直接的なご縁がないお客様でも、多くの人に不要なトラブルを回避してほしいと思い、なるべく分かりやすく書きましたのでぜひご参考にして下さい。
ご不明点やご相談がありましたら、お電話・お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

POINT 支払い条件の確認

大抵の場合、着工時に2割程度、施工完了後に残金を支払うシステムが一般的です。工事が完了する前に全額支払わなければいけない条件は、警戒したほうがよいと言えます。
また、工事が終わった際はお客様と業者様双方の立ち合いのもと、お家全体をチェックしましょう。

POINT コーキングの重要性

気密性や防水性向上のために隙間を埋めるパテのようなものを「コーキング」や「シーリング」などと呼びます。
コーキングは建物内の様々な箇所に施されます。いずれも経年劣化によりひび割れたり紫外線で崩れ落ちたりと、雨漏りの原因になりうるものです。
コーキングを修繕するには劣化した物を完全に剥がし全く新しいコーキング剤を詰めなおす「打ち替え工事」が必要です。にも関わらず、経費削減のために劣化した物にコーキングを重ねる「増打ち」をする悪質な業者がいるのでご注意ください。

POINT 地元で営業している会社を選ぶ

施工地域より遠方の業者様を選ぶと、移動費・材料運搬費などの関係で工事費用が高くなることがあります。
アフターサービスを受けるにしても、施工後に何か問題が起きた時にすぐに駆け付けて対処できるのは、やはり地元の業者ではないでしょうか。

PAGE TOP